« 海千山千 | トップページ | 石の彫刻 »

街路樹

090604_161401_2 090514_164501_2 どうゆう いきさつからか 解らないけれど コイン通りの街路樹は杏の木である。 あまり 見かけないので めずらしい。

下の写真は五月頃だったと思う、杏の小さな 青い実が見えた。

上の写真は六月中旬 杏の実が熟していた。

広島県では 杏は福山の田尻が産地である。 数年前までは 杏ジャムを作るため わざわざ 杏をもとめて 車で一日ががりで 行っていた。 杏が傷み易いと言う 理由で 宅配してくれないので やもうえず 買い求めていた。

一昨年 長野の小布施に旅して帰った後 インターネットで 小布施のHPを再度 チェックしていたら その地の農場が杏を宅配してくれるとあった。 早速 取り寄せたら すばらしい杏でジャムにするには もったいない 実ばかりで、そのまま 食べたい位であった。

田尻産とは雲泥の差であった。

だから 私は福山が嫌いだ。 福山は田舎である。 福山に佳い思い出は一つもない。

福山で 唯一のすばらしく 内外に誇れるのは 鞆の港の美観であろう! 「崖の上のポニョ」の原風景である。 しかし ここに橋をかけて これを ぶち壊そうとしている。 暴挙である。この先頭にあるのが 福山の馬鹿市長。完璧な馬鹿野郎だ。

話がそれたけれど 杏(アプリコット)はジャムにすると どれも 色が綺麗である。 言うまでもなく とても 美味である。 プレーンヨーグルトと食すと至福の感がある。 

今年も 小布施からたくさんの杏をとりよせて 家内がジャムを作った。

さあ ブログを終えたら 朝食だ。 カゴメの野菜生活、とろけるチーズトースト、コーヒー、バナナ、そして杏ジャムとヨーグルトが待っている。

|

« 海千山千 | トップページ | 石の彫刻 »

旅行・地域」カテゴリの記事