« ウルスリの鈴 | トップページ | 氷河急行 »

ベルニナ急行

090803_093501 090803_093701 七月二十一日

朝 八時のベルニナ線 普通列車でティラーノへ向かう。

昨日 夕方 サン・モリッツの駅でベルニナ急行の指定券を求めたが 満席でアウト、 普通で行くこととなった。

が これが 大正解。 ベルニナ線は単線なので 時間は変わらないし、 客車の窓は開けられ、写真撮影が容易。 さらに 隣のスイス人夫妻が 沿線の景観ポイントを教えてくれ、さらには 高度計まで 持参していて 今の高さを教えてくれた。 ちょっと解らない 地中海と黒海との分水嶺まで 親切であった。

氷河、ウーゴ・ビアンコ、ブルージアのオープンループを経て あっという間に ティラーノ到着。

昼は 駅近くのカフェにて トマトのピザ とビール、 食後にピスタチオのアイスクリーム( 十五年前 イタリア旅行の折 アッシジでたべて 美味しかった 懐かしい味を求めて)を 食すも ともに期待はずれ、てか マジ 不味い。

帰りは当初 予約していた ベルニナ急行のパノラマ指定席で サン・モリッツへUターン。 客車はモダンで綺麗だったけど、行きの感動はなく、窓ガラスが反射して 写真の撮影も難しかった。 ベルニナ線は普通に限る。

サン・モリッツ駅到着後 街の中央へ タクシーで行き、 かって 女優 オードリー・ヘップバーンがチョコレートケーキを愛した店「ハンゼルマン」にて 日持ちする エンガディン特産のケーキを十個買う。 

帰途 バリーの店があったので 家人が希望していた ショルダーバッグ(黒)を購入。

三日目にして 初めて 波乱のない 旅の一日でした。 

|

« ウルスリの鈴 | トップページ | 氷河急行 »

旅行・地域」カテゴリの記事