« ブリエンツ ロート ホルン 鉄道 | トップページ

ユングフラウヨッホ

七月二十八日

今日は ベルナーオーバーランド 随一の景勝地 ユングフラウヨッホに出かける。少し雲があったが 家人は 今日行く といい 出かけることとした。

グリンデルワルドからは ユングフラウ鉄道の登山電車を途中で一回乗り換えて 行く。さすが 鉄道でのトップオブヨーロッパ(約3500メートルの高さ)に行くので 運賃も高く 往復 約一万円程。

途中のクライネシャイデックで電車を乗り換える。ここは もう 森林限界を超えているので 周りは荒地である。 すこし 霧がかかっているが 上は大丈夫かな?と思う。 しばらく 上るとアイガーグレッチャー駅につく、ここからは すべて トンネルである。 終点までに アイガーの北壁に窓をあけた 中間駅に 二カ所 五分間停車し 眺望が楽しめる。一カ所はグリンデルワルドの村が見えるはずだが 雲が多く 残念! もう一カ所はすぐ そばに 氷河が見えた。 中国人の観光客が 写真を撮ってくれ!などど 中国語で騒ぐ。うるさく 傍若無人で たちが悪い。 くらべて 日本人団体は 行儀がとても佳い。

頂上に着いた。 寒いので セーターの上にヤッケを着用。気温は零度前後だ。

駅からは アイスパレスなる 氷河をくりぬいた通路を歩く、上も下も氷で ところ どころに氷の彫刻が置いてある。 滑りそうなので 家人に気をつけるように言う。 が、最後の所で家人はマットにつまずいて 大転倒! 膝を打ってしまう。 困った人だ。

ここを抜け 空は快晴の銀世界の外に出る。 右がユングフラウ 左にメンヒ 中央前方に アルプス最大のアレッチ氷河 雄大にして感動の絶景である。 風がつよく 寒いが 気持ちがいい。高い運賃を払った甲斐がある。

ふたたび 内部のエレベータで さらに 高い スフインクスに昇る。 中央にガラス張りのサンルーム、周囲は 鋼製のバルコニーで囲まれている。 下を見ると怖い。メンヒを背景に私たちの写真を 中国人の一人旅?の女性に撮って貰う。 多謝、多謝。

ひととおり 巡って 下に降りる。 なぜだか 日本の郵便ポストがあるので 何も考えず葉書を三枚投函する。 あとで 切手を貼っていなかったことに気づく。 ロートホルンの絵はがきだったので しまったと思う。 が これが 後日そのまま 日本に届いた。 スイスポストに感謝。 家人がカレーの好い匂いを感じたらしく カレーライスを食べたいとぬかす。こんな所にカレーライスがあるわけがないので 辿ると インドそのままらしかった。

アイガーグレッチャーまで 帰り 昼食とする。 ソーセージのスープにサラダとパン そして私は恒例となった お昼のビール うまい! 家人は隣の外人の子供を観察していて その子が山のフル装備であるのに 驚いていた。 スイスの人は小さな時から すべてのスポーツのための 用具がちゃんとしている。

クライネシャイデックまで 花畑を歩く。 途中 ソニーの一眼レフを持ったカップルに出会い、 お互いを撮影する。 私のは キャノンと伝える。 あとで みたら ユングフラウが背景となっていて 良い記念となる。 私達が逆光で年齢不詳なのも好ましい。

宿にかえり 夕食は日本人観光案内所で買った 三個 千円のおむすびと スイス版カップヌードルで済ます。 でも 満足の一日だった。

|

« ブリエンツ ロート ホルン 鉄道 | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事